フリーランス向け

経費になる税・ならない税

カフェ経営 ヒトミさん
カフェ経営 ヒトミさん
いらっしゃいませ!
Cafe de Hitomiへようこそ!
こんにちは!
あれ?制服の色が変わったような?
税理士
税理士
カフェ経営 ヒトミさん
カフェ経営 ヒトミさん
クリスマスバージョンにしてみました。
カワイイでしょう?
季節感が出ていいですね!
税理士
税理士
さて今日のご質問は?
税理士
税理士
カフェ経営 ヒトミさん
カフェ経営 ヒトミさん
さっき銀行へ行って税金を払ってきましたが、これはもちろん経費になりますよね?
おっと!それは何税でしょうか?
経費になる税金とならない税金があるので注意が必要です。
税理士
税理士

 

経費にならない税金①

個人事業者の方は一年を通してさまざまな税金を支払います。
所得税や住民税、事業税から固定資産税、自動車税などなど。
毎月何かしらかの税金を払っているイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

さてこれらの税金を支払った場合、経費になるものとならないものの両方があることをご存じでしょうか。
両者をしっかりと区別しておくことが重要です。

税理士
税理士
どちらかというと経費にならない税金のほうが数が少ないです。
経費にならないものを覚えましょう!

 

経費にならない税金その①は所得税・住民税・相続税・贈与税です。

それぞれに必要経費とならない根拠(理由)があるようですが、ここでは省略します。
(後付けで理屈をこねただけの理由ですので覚える必要はありません)

ここはたったの4種類ですから強引に覚えてしまいましょう。
もう一度繰り返しますと、「所得税」「住民税」「相続税」「贈与税」の4つは必要経費にすることができません。

経費にならない税金②

経費にならない税金その②はペナルティ税です。

といっても、ペナルティ税という名の税金があるわけではありません。
税金の支払いをしなかったり遅れてしまったりしたときに、一種のペナルティとして課せられる税金のことです。
具体的には延滞税、加算税、延滞税、過怠税、交通違反の罰金、科料、過料など。

これらは罰則的に課されるものです。
そのためこれらを必要経費として認めてしまうと、罰則の本来の意味合いが薄れてしまいますよね。
それでは本末転倒ですから必要経費にできないという取り扱いです。
これは何となく理解できますよね?

以上が「経費にならない税金」です。
所得税、住民税、相続税、贈与税、そしてペナルティ税の5つですね。

経費になる税金

裏を返せば上記以外の税金はほぼ経費になると考えて問題ないでしょう。

固定資産税、不動産取得税、個人事業税、事業所税、印紙税、登録免許税、自動車税など。
これらはすべて必要経費に入れることができます。

ただでさえ懐を痛める税金の支払いですから、経費に入れられるものは漏れなく計上しておきたいものです。

***

以上のように税金を支払った場合には、必要経費になるものとならないものがあるため内容をしっかりと確認しましょう。
そして経費になる税金については、「租税公課」などの勘定科目を使って忘れずに経費処理するようにしましょう。

まとめ

・所得税・住民税・相続税・贈与税は必要経費にならない

・ペナルティ的な税金も必要経費にならない

・それ以外の税金は概ね経費になると考えてよい

カフェ経営 ヒトミさん
カフェ経営 ヒトミさん
さっき私が払ってきたのは住民税でした。…ということは経費にならないんですね。残念!
代わりといっては何ですが今日は奮発してケーキセットを注文します!
来週もまたケーキセットを食べに来ます!
税理士
税理士

 

ABOUT ME
税理士 瀬口 徹
税理士 瀬口 徹
東京都府中市を中心に活動する税理士・宅地建物取引士。 個人の方の確定申告を応援します! 詳しくは → プロフィールへ
税務のお悩み。まずはお問い合わせください。

フリーランス(個人事業主)
会社員
年金受給者

の皆さまを対象に、税務会計全般のサービスを行っております。

税務に関してのお悩みがございましたら、まずはご相談ください!

どのサービスにしようかご検討中のお客様には「メニュー診断チャート」がおすすめです。

税務顧問サービス所得税申告書サービス個別相談サービスメニュー診断チャート

本ブログの記事は、投稿日現在の法律および情報に基づいて執筆しております。