フリーランス向け

ヒゲ税は実在した。

カフェ経営 ヒトミさん
カフェ経営 ヒトミさん
昔「ヒゲ税」という税金があったという噂を耳にしました。本当ですか?
はい。たしかにヒゲ税という税金は存在していました。世界に目を向けるとユニークな税金がたくさん見つかりますよ!
税理士
税理士

 

ヒゲ税とは?

ヒゲ税とは、その名のとおりヒゲを生やした人に課される税金です。
ビックリしてしまいますが実際に存在していました。

17世紀末にロシアで制定され、髭を生やした人が髭を剃らなかった場合にかかる税金だったそうです。
(もちろん、とっくの昔に廃止されています)

初代ロシア皇帝であるピョートル1世という人が作ったもので、ロシアを先進的国家にするために国民の意識改革を促す目的で導入したとされています。

かつてロシアを近代化するためにヨーロッパを遊学していたピョートル1世は、ヨーロッパの先進国では「男性が髭を剃るのが一般的」だと知りました。これに対して当時のロシアでは男らしさの象徴として髭を生やした男性が多かったとのこと。1697年にイギリスから帰国したピョートル1世は、先進国に追いつけとばかりに国民に髭剃りを奨励すべく、なんと髭に税金を課しました。

出典元:GIGAZINE

とはいえ、当の本人であるピョートル1世の晩年の画像を確認してみると、たいそう立派な髭を蓄えているんですよね。
思わず笑ってしまいました。

国民を誘導するために税金が利用されていたという点が、なんとも興味深いところです。

余談ですが日本でも江戸時代にヒゲを禁じる「大髭禁止令」なるものが発令されたことがあるそうです。
気になった方は詳しく調べてみてくださいね。

まとめ

・17世紀末のロシアに「ヒゲ税」という税金が存在していた

私も最近あごヒゲを伸ばし始めました。その時代にロシアに生まれていたら、私も立派な納税義務者ですね。
税理士
税理士
カフェ経営 ヒトミさん
カフェ経営 ヒトミさん
あはは。そうですね。
聞いてもないのにそんなことまで…。変わった税理士さんだわ。
カフェ経営 ヒトミさん
カフェ経営 ヒトミさん

 

ABOUT ME
税理士 瀬口 徹
税理士 瀬口 徹
東京都府中市を中心に活動する税理士・宅地建物取引士。 個人の方の確定申告を応援します! 詳しくは → プロフィールへ
税務のお悩みがございましたら、まずはお問い合わせください。

・会社員
・年金受給者
・フリーランス(個人事業主)
の皆さまを対象に、税務会計全般のサービスを行っております。

税務に関してのお悩みがございましたら、まずはご相談ください!

どのサービスにしようかご検討中のお客様には「メニュー診断チャート」がオススメです。

メニュー診断チャートお問い合わせ

当ブログの記事は、投稿日現在の法律および情報に基づいて執筆しております。