フリーランス向け

起業したら通帳は2つ持ちましょう!

美容室経営 アキラさん
美容室経営 アキラさん
こんにちは!
お久しぶりです、税理士さん。
こんにちは、アキラさん!
お仕事は順調ですか?
税理士
税理士
美容室経営 アキラさん
美容室経営 アキラさん
はい。おかげさまで。
売上もずいぶん増えてきたので、銀行へ行って新しい通帳を作ってきました。
ん?
税理士
税理士
美容室経営 アキラさん
美容室経営 アキラさん
事業用のお金とプライベートのお金はしっかり区別しておいた方がいいですもんね!
なんとアキラさん!
素晴らしい心構えです。
何も言うことはありません。
税理士
税理士

 

起業したら通帳は2つ持とう

起業したばかりのフリーランスの方で、銀行口座(通帳)をひとつしか持たない方がいらっしゃることがあります。
プライベートで使っていた口座を、そのまま事業用でも利用されているんですね。

しかし私は2つ以上の通帳をお持ちになることを強くお奨めします。
事業のお金の流れとプライベートのお金の流れをしっかりと区別することが大切だからです。

両者が混同すると事業だけのお金の流れが見えにくくなってしまいますし、帳簿付けをする過程で売上や経費の計上漏れ(もしくは過大計上)につながってしまう恐れもあります。

これから起業をしようとお考えの方は、面倒でも銀行へ行って新しい通帳を作っておいた方が良いでしょう。
(あるいはご自宅で眠っている休眠口座を活用しましょう)

通帳がそのまま預金出納帳になる

通帳を事業用とプライベート用に分けるメリットは他にもあります。

そのひとつは事業用の通帳がそのまま預金出納帳になるということです。
ATMへ行って記帳するだけ。
それだけで、それがそのまま備付帳簿のひとつになるのです。
とても便利ですね。

最近はインターネット上で入出金履歴などをダウンロードすることもできます。
クラウド会計などを使ってそれを取り込めば、ものの数分で決算書を完成させることも可能です。
業務効率化だけでなく、入力ミス防止等による経理の正確性アップも期待できます。

プライバシーが守られる

さらにプライバシーが守られるというメリットもあります。

皆さんが種を蒔いた事業が大きく成長した暁に、税理士に申告を依頼するときのことを考えてみてください。
特別やましいことがなくてもプライベートの入出金を他人に見られるのはちょっと気が引けますよね。
(実際そういった理由で書類の提出を渋るお客様もいらっしゃいます)

見られるのは税理士だけとは限りません。
場合によっては銀行員や税務署職員に通帳を見られる日がくるかもしれませんよ?

事業に関する通帳はどうしても第三者の目に触れる機会が多くなります。
そういった理由からも、今からしっかりと通帳を区別して管理しておいた方が安心ですね。

まとめ

・事業のお金とプライベートのお金を区別するためにも、通帳を分けておくと安心

・通帳を区別しておけば、そのまま預金出納帳として活用できる

・通帳を区別しておけば、プライバシーが守られる

よし。通帳を分けて事業のお金の流れが把握できた。
次は損益管理だな。
美容室経営 アキラさん
美容室経営 アキラさん
美容室経営 アキラさん
美容室経営 アキラさん
まだまだ勉強することがたくさんあります。
税理士さん、これからもいろいろと教えてください!
アキラさん!
素晴らしい心構えです。
何も言うことはありません。
税理士
税理士

 

ABOUT ME
税理士 瀬口 徹
税理士 瀬口 徹
東京都府中市を中心に活動する税理士・宅地建物取引士。 個人の方の確定申告を応援します! 詳しくは → プロフィールへ
税務のお悩みがございましたら、まずはお問い合わせください。

・会社員
・年金受給者
・フリーランス(個人事業主)
の皆さまを対象に、税務会計全般のサービスを行っております。

税務に関してのお悩みがございましたら、まずはご相談ください!

どのサービスにしようかご検討中のお客様には「メニュー診断チャート」がオススメです。

メニュー診断チャートお問い合わせ

当ブログの記事は、投稿日現在の法律および情報に基づいて執筆しております。