フリーランス向け

借入金の返済は経費になる?

美容室経営 アキラさん
美容室経営 アキラさん
ウチは開業時に銀行から融資を受けたので、借入金を毎月返済しています。
創業融資を受けられたんですね!
税理士
税理士
美容室経営 アキラさん
美容室経営 アキラさん
はい!
それで質問なんですが、借入金を返済したらもちろん経費に入れていいんですよね?
返済額のうち利息部分は経費になります。
ただし元本部分は経費になりません。
税理士
税理士
美容室経営 アキラさん
美容室経営 アキラさん
えっ!そんな!
お金は出て行っているのに!?

 

元本と利息

「借入金を返済したら経費になりますか?」

これは納税者の方から頻繁にいただくご質問です。
そして言葉を尽くして説明してもなかなか納得してもらえない質問のひとつでもあります。

そこで今回、あらためて詳しく確認していきましょう。

借入金を返済するときのことを考えてみます。
まず、毎月の返済額というのは元本部分と利息部分とに分けられますね。

先に結論を言うと、元本部分は経費にならず、利息部分のみ経費となります。

元本部分は経費にならない

返済額のうち元本部分は経費とすることができません。
なぜなら「借りたものをただ返しただけ」だからです。

と言ってもピンとこない方がいらっしゃるかもしれませんね。

返済時には現実にお金が出て行っている(キャッシュアウトしている)わけですから、経費にできないと言われても納得できないかもしれません。
そのような方は別の切り口から考えてみましょう。

借りた当初のこと(お金が入ってきたときのこと)を覚えていますか?
あくまでもイメージ図ですが下図をご覧ください。

このように、お金が入ってきたときに売上(収入)として計上しているなら、出ていくときにも経費として計上することが可能なように思えます。
しかし今回のような借り入れの場合はこうはなりません。

融資を受けて現金が入ってきたときのことを思い出してみましょう。
そのタイミングで、入ってきたお金を売上(収入)として計上したでしょうか?
(そこに税金はかかっていたでしょうか?)
…おそらくそのような処理はしていないし、税金もかかっていませんね。

入ってきたときに売上(収入)として計上していないのに、出ていくとき(返済するとき)だけ経費に計上するのでは、ちょっとおかしな話になってしまいます。

要するに、入ってきたときに売上に計上していないのだから、出ていくときには経費に計上してはいけません、ということです。
(借りたものを返しただけ、というのはそういう意味です)

利息部分は経費になる

一方、元本部分とは異なり利息部分は経費として計上することができます。

利息というのは借りた金額それ以上に、プラスアルファで支払っているものです。
(純粋にお店が負担している部分です)

入ってくる部分がなく出ていくだけですから、支払った金額がそのまま経費として認められます。

まとめ

・借入金の返済額は元本部分と利息部分に分けられる

・元本部分は経費にならない

・利息部分は経費になる

美容室経営 アキラさん
美容室経営 アキラさん
うーん。
わかったような…
わからないような…
毎月の返済は大変ですよね。
資金繰りに困らないよう利益がしっかり出せる経営体質を目指していきましょう。
私も全力でバックアップしますよ!
税理士
税理士
美容室経営 アキラさん
美容室経営 アキラさん
ありがとうございます!
頼りにしてます。
税理士さん!

 

ABOUT ME
税理士 瀬口 徹
税理士 瀬口 徹
東京都府中市を中心に活動する税理士・宅地建物取引士。 個人の方の確定申告を応援します! 詳しくは → プロフィールへ
税務のお悩みがございましたら、まずはお問い合わせください。

・会社員
・年金受給者
・フリーランス(個人事業主)
の皆さまを対象に、税務会計全般のサービスを行っております。

税務に関してのお悩みがございましたら、まずはご相談ください!

どのサービスにしようかご検討中のお客様には「メニュー診断チャート」がオススメです。

メニュー診断チャートお問い合わせ

当ブログの記事は、投稿日現在の法律および情報に基づいて執筆しております。