会社員向け

副業が20万円を超えたら確定申告が必要?

OL ゆかさん
OL ゆかさん
会社員ですが、今年から副業を始めました。売上が20万円を超えそうです。確定申告しなきゃダメですか?
いいえ。売上(収入)ではなく所得が20万円を超えたら確定申告が必要です。
税理士
税理士

 

※本記事は給与を1か所から受けている会社員の方(年末調整済の方)が、休日等を利用して副業をしているケース(雑所得に該当するケース)について説明します。

所得が20万円を超えたら確定申告が必要

会社員の方が副業を行なって儲けが出た場合に、確定申告が必要かどうかは気になるところですよね。

結論としては「副業の所得が20万円を超えたら確定申告が必要」です。

ここでよくある勘違いが「収入が20万円を超えたら確定申告しなければならない」というもの。
正しくは「所得が20万円を超えたら確定申告しなければならない」です。

「収入」と「所得」をきちんと区別しましょう!

収入と所得の違いを理解しよう

収入と所得はまったく違うものです。
収入から経費を差し引いたものが所得ですね。

収入は売上、所得は利益と読み替えていいかもしれません。

20万円を超えたか超えていないかの判定は、すべて所得で行います。
所得が20万円を超えてはじめて確定申告をする必要が出てくるのです。

たとえば〈OL ゆかさん〉の副業がハンドメイド商品のネットショップだったとします。
ネットショップを運営して売上を上げるためには経費が掛かりますよね。(アマゾンや楽天などへの出店手数料、消耗品費、荷造運送費など)

仮に売上が25万円であったとしても、経費が10万円かかっていれば所得は15万円です。

所得が15万円であれば、20万円を超えていないので確定申告をする必要はありません。

複数の副業を行なっている場合の判定は?

もし皆さんが2つ以上の副業を行なっていたとしたら、20万円を超えているかどうかの判定はどうすればいいのでしょうか?

この場合には、まずそれぞれの副業の所得を計算します。(収入ー経費=所得でしたね)
そしてそれらの所得をすべて合計してください。
この合計額で20万円を超えるかどうかの判定をします。

所得の合計額が20万円を超えるなら、しっかり確定申告してくださいね。

まとめ

・収入と所得は違う

・収入―経費=所得

・副業の所得が20万円を超えたら確定申告が必要

OL ゆかさん
OL ゆかさん
収入が20万円を超えても、経費を引いた後の所得が20万円以下なら確定申告しなくていいんですね!
そのとおりです。レシートなどをしっかり保管して、経費を漏れなく計上することが大切ですね。
税理士
税理士

注意点

副業の確定申告にあたっては以下のような注意点があります。
別の機会にご説明いたします。

・副業による所得が20万円以下で所得税の確定申告が不要であっても、住民税の確定申告はしなければなりません。(赤字の場合を除く)
・副業による所得が20万円以下でも確定申告した方がおトクなケースがあります。
・何らかの理由で確定申告をする場合には、副業分も合わせて申告が必要です。

ABOUT ME
税理士 瀬口 徹
税理士 瀬口 徹
東京都府中市を中心に活動する税理士・宅地建物取引士。 個人の方の確定申告を応援します! 詳しくは → プロフィールへ
税務のお悩みがございましたら、まずはお問い合わせください。

・会社員
・年金受給者
・フリーランス(個人事業主)
の皆さまを対象に、税務会計全般のサービスを行っております。

税務に関してのお悩みがございましたら、まずはご相談ください!

どのサービスにしようかご検討中のお客様には「メニュー診断チャート」がオススメです。

メニュー診断チャートお問い合わせ

当ブログの記事は、投稿日現在の法律および情報に基づいて執筆しております。