フリーランス向け

経理の自動化によって失われるもの

近年はAIの進化や業務を自動化する流れが一気に進み、私たちの仕事もどんどん便利になっています。
経理業務についても同様で、会計ソフトが多機能になったりクラウドサービスが一般的になったりすることでデジタル化が急速に進んでいます。

しかしながらその陰で失われている大切なこともあるのでは?
そんな疑問について考察してみます。

単純作業はなくなっていくが…

経理業務には一般的に次のような特徴があると言われています。

  1. 金額や数字を扱うため正確性が求められる
  2. ほとんどの業務に締め切りがあるためスピーディーな対応が求められる
  3. 入力業務やチェック業務など、一定の規則に従った定型的な業務が多い

そしてこれらの特徴すべてが自動化に向いているという側面を持っているため、現実にどんどんデジタル化が進んでいます。
クラウド会計ソフトが提供している自動取込・自動仕訳作成などその典型でしょう。

一方で地方の中小企業、特に家族経営などの小さな会社では手書きの帳簿を付けていたりなど、まだまだアナログな部分がたくさん残っているのも現実の世界です。

頭の中を整理できたり、心が落ち着いたり、新たな発想が生まれたり

以前、勤務時代に担当させていただいた八百屋の社長さんがこんなことをおっしゃっていました。
「売上台帳や経費帳を書きながら、肌感覚として何となくの売上や経費を把握できるんだよなぁ」
手書きで帳簿を作ることは現代において批判の的となることがほとんどですが、その社長さんにとってはそれが大事な作業だったんですね。
物凄く手間がかかることでも、一見して付加価値を生まない単純作業であっても、それを通じて様々なことを肌感覚として感じ取る…ということは多々あるかと思います。

たとえば会計システムの入力についても同じことが言えるのではないでしょうか。
自動化により一瞬で仕訳が作成されるよりも、面倒でもひとつひとつの仕訳を手入力することによって日々の入出金状況というものを肌感覚で感じ取れるということがあると思います。

そして案外、単純作業をしているときこそ頭の中を整理できたり、心が落ち着いたり、新たな発想が生まれたりすることもあるのではないでしょうか。

温故知新

「温故知新」という言葉があります。
ネットで調べてみると、「故(ふる)きを温(たず)ね、新しきを知る…過去の事実を研究し、そこから新しい知識や見解をひらくこと」とあります。

今までアナログでやっていたことを皆で知恵を出し合ってアレンジしてきたからこそ今の便利な世の中があり、便利な経理の世界があると言えます。
ですからそれを批判したり、あえて逆行したりする必要はないでしょう。

しかし自動化によって失われる大切な部分もあることを認識したうえで一歩先に進んでいくことが大事なのかな、と思います。
それをわかっていて先に進むのと、何も考えずただ先に進むのではまったく意味の違うことだと思うからです。

まとめ

  • 経理の世界も物凄いスピードで自動化が進んでいる
  • アナログなやり方でこそ得られるメリットもある
  • その犠牲の上にデジタル化が進んでいることを理解しておこう

編集後記

府中では年に1回の大イベントが迫っています。
準備も少しずつ、着々と…

ABOUT ME
税理士 瀬口 徹
税理士 瀬口 徹
東京都府中市を中心に活動する税理士・宅地建物取引士。 個人の方の確定申告を応援します! 詳しくは → プロフィールへ
税務のお悩みがございましたら、まずはお問い合わせください。

・会社員
・年金受給者
・フリーランス(個人事業主)
の皆さまを対象に、税務会計全般のサービスを行っております。

税務に関してのお悩みがございましたら、まずはご相談ください!

どのサービスにしようかご検討中のお客様には「メニュー診断チャート」がオススメです。

メニュー診断チャートお問い合わせ

当ブログの記事は、投稿日現在の法律および情報に基づいて執筆しております。